手汗 車の運転 日常生活

手汗の悩みは日常のあらゆることに支障をきたす…

手汗 運転

私は日頃から手汗が多いほうです。意識しだすと特に手汗がひどくなります。
常に少ししっとりとしていて、人と手が触れることを避けてしまいます。

 

 

日常生活でとくに目立って気になっていることは、運転中です。

 

通勤帰宅と車を運転することが多いのですが、ハンドルが滑ってしまうほど手汗をかきます。

 

 

車の運転での手汗対策法として

ハンドルカバーは革製品よりも布製品を選ぶことで運転への支障がでないようにしています。

 

ですが、内心ふと手汗でハンドルが滑ってしまうのではないかと
冷や冷やしてしまい運転に集中できないこともしばしばあります。

 

他にもウェットシートなどを常備しておくこともしております。
こういった少しずつの組み合わせで対策を組み合わせています。

 

 

 

運転意外にも…

 

仕事中に手汗が気になり止まってほしいと願ってしまう時もあります。
それは、同療にふとペンを貸してほしいと言われた時です。

 

今まで自分が握っていたペンを人に貸すことが怖いと感じてしまいます。
手汗は見た目にはわからないので仕事場の方々には私が手汗に悩んでいることは伝えていませんし、
気づかれずに過ごしていきたいと思っています。

 

ですから、ふとペンを渡したときに人からどう思われるかを考えてしまうのです。
一人の時も手汗には本当困ります。

 

スマートフォンの操作時に特に手汗が気になります。対策としては手を拭いてからスマートフォンに触れることです。
常にハンカチを二枚は常備することによって常に手汗を拭くようにし、清潔な状態を保つことを心掛けています。

 


合わせてどうぞ

>>手汗で教習所に通えない…悩み