手汗 悩み

手汗で教習時の運転が不安…それを教官にぶつけてみると…

これは私が自動車学校に教習を受けていたときの話です。私は元から手汗が人よりよく出ることで悩んでいました。
緊張したり集中したりしているとよく手汗が出ました。車を運転することは初めてでとても緊張してしまったので初めて自動車学校のコースを運転したときにハンドルがすごく濡れてしまいました。

 

そのときの教官は優しかったので車にあるタオルでハンドルを拭きながら初めては緊張するからみんな手汗が出るものだよと慰めてくれました。
だんだん運転に慣れてきたら手汗があまりでなくなってきました。

 

嫌いな教官に当たったときは緊張していたので手汗は出ていましたが初めての時よりは全然手汗は出ていませんでした。

 

第2段階になって初めて路上に出たとき手汗が初めての時より出ました。いくら教官が一緒で補助ブレーキがあるとしても運転を怖いと感じてしまいました。
信号で止まっては自分のズボンで手汗をぬぐっていました。手汗が出ていたとしてもハンドルをしっかり持たないといけないので直進しているときにハンドルの持つ場所を変えたりしていました。

 

ある教習のとき私は教官に手汗が出たときの対処法はないか聞きました。

 

教習のうちは運転に慣れていないから手汗をぬぐっているしかないけれどだんだん車の運転に慣れてきたら窓を少し開けて風で乾かすのが1番いいと教えてくれました。私は今車を運転していますが風で乾かすのが1番汗が残らずいいと思いました。