手汗 教習所

手掌多汗症のせいで、自動車教習所では大変でした。

私は重度の手掌多汗症です。手に汗をかくと連動して足と脇からも汗をかきます。
なので靴の中もビショビショになります。だから1年中裸足では過ごせないです。靴下を履くと、暑くなく緊張してなければ、なぜだか手汗は止まります。
靴下が汗のストッパーの役目をしてくれています。この症状のせいで、色々と苦労してきました。

 

歳を重ねても手汗の悩みは変わらない…

学生の頃、辛かったな~。そして今も辛いです。歳をとっても全然改善されません。いままでいろんなことに困ってきました

 

自動車の教習所でも困りましたね。

暑いと手から汗が出るので、比較的涼しい3月~5月に教習所に通いました。

 

手汗を気にすると車の運転に集中できないと思い、対策を考えました。そして1つだけ対策が思い浮かびました。

 

それは軍手をして運転することです。軍手をすれば、ハンドルをビシャビシャにすることもなく運転に集中できます。

 

少し周りの目は気になりましたが、「気にしない気にしない」と自分に言い聞かせて頑張りました。そしてこんな苦痛から早く逃れたいので、乗り越しやテストで不合格しないように、頑張りました。そのおかげで一発で合格できました。
もちろん、最後の筆記テストはハンカチを持ちながら頑張りました。
私は自分と同じ症状の人に出会ったことがないですけど、ネットで調べてみると結構いるみたいですね。みんなどうやって隠しているのか?同じ症状の人に会ってみたいです。

気持ちの持ち方でも手汗の出方が違ってくる…

私は手汗をかくときがたびたびあります。それはプレッシャーに弱く過度に緊張してしまう性格だからのように感じます。

 

例えば自動車の免許をを取りに自動車学校に行ったときのことです。

 

おじさんの教官が横に座っているときはいいのですが若いお姉さんの教官に教えてもらっているときは
上手に運転しなければならないとか、かっこよく見せなければならないとか考えてしまって教習中に手汗がでてきたり、
単なる練習中ならいいのですが難しいクランクやS字カーブ、縦列駐車など自分の苦手な事をやらなければいけないとき、
何回か今までに失敗したりしている事をやろうとするときは手汗が出てしまいます。

 

その中でも絶対に失敗したくない試験の時にも手汗がでてきてハンドルが滑ってしまうこともありました。

 

免許を取得してからも高速道路での合流のときやデートのときでのドライブなどでも緊張からか
いつの間にか手汗が出ているときがあります。

 

手汗をかいてしまってそのためにハンドル操作を失敗したり
ギアチェンジを失敗したりすると大きな事故にもつながるので私はできるだけ対策をしています。

 

 

それは、緊張感するのは性格上どうしようもないのですがなるべくかっこよくみせたいとか
上手にしなければいけないとか考えずになるべく平常心でいること。

 

それでも手汗をかいてしまうときは>>手汗が酷い人の教習所対策を是非参考にしてみてください!

緊張するたびに湧き出る手汗にほとほと悩んでいましたが今では・・・

私は昔から緊張しいで緊張をするとよく手に汗をかいています。
手汗というのは緊張しすぎると手のひらにかくので、ビビリの自分からしたら嫌な存在なのです。

 

 

例えば大事な試験のときとか、大勢の前で話をするときなどは手に汗をびっしょりかいてしまいます。
そのたびにズボンで手をゴシゴシふくのでズボンにもシミが出来て二重で困ってしまいます。

 

しかも普段も汗っかきなので、デコからも汗をかくので暑い日の大勢前での発表なんかやったら体中汗だらけになってしまいます。

 

一番つらかったのが教習所

 

そして私が経験した中で手汗をかく確率満載だったのが「教習所」でした。
私は昔から車が嫌い(苦手)で出来れば免許なんか取りたくないタイプだったのですが、
男で免許を持ってないとなると就職活動に影響が出るので嫌々、教習所に通いました。

 

運転の荒い人の多い茨城県で育った自分からしたら運転自体が嫌々でたまりませんでした。
しかも横にはうるさい教官。

 

「ちゃんと事故をおこさないように」と「教官に怒られないように」が交錯して
私の教習所の運転は、ほぼ手汗ビショビショで運転していました。

 

手汗がついて運転すると嫌なんですよね。
まず左折や右折するときにハンドルをグルっとやると若干すべるんですよね。

 

なので凄い細かい作業(細い道を通ったり、S字を脱線しないで走る)のときなどは特に注意をしていました。